top of page
  • jinossa1151970

三文判について

こんにちは^^



今日はよく聞く「三文判」について簡単に触れたいと思います(^-^)



一文銭とは江戸時代の通貨で貨幣価値の一番低いお金な事を言います



安価な額で価値の低い物、安い物に対して「三文」がつけられました



印章に昔は既製品などはなく、すべて受注後に作られていましたが機械化され大量生産された出来合いのはんこは安価で粗末な物であることから「三文判」と呼ぶようになりました



三文判(既製品)だからと言って、場合によっては実印と変らない効力を発揮しますので注意が必要と言われています



よく生前中に師匠の父親が言っておりましたが、三文判(既製品)が出来てから印鑑屋も変わったと言っていました



同じ物が世の中に出回るまでは前述した様に、その度に彫刻し納めておりました



ですから「唯一無二」の印鑑しかなかったのが、大量生産により同形の物が存在し「印鑑の信用」が減ってしまった気がします



ですから今のデジタル社会でも大事な場面では必ず必要な「印鑑」の大事さを後世に伝えて

、日本の伝統文化を微力ながら守っていければなあ思っています😊

最新記事

すべて表示

長女さんの印鑑相談しに見えました

お電話頂いてお母様が来店されました 長女の方が就職が決まって大事な印鑑を作成されたいとか事でした^^ ご家族全員のお話をしてそれぞれの役割や特徴もお伝えしてとても楽しい時間を過ごさせてもらいました 一度旦那様と相談されるとの事で帰られました 最後に分かったのですが、ちょっとしたご縁が繋がっていて世間は狭いなあと感じました^^

結婚で銀行印と認印作成されました

隣の県からわざわざご夫婦で来店されました 近所まで少し行って来ましたら、お店の前に自動車が停まっていて慌ててお声を掛けにに行きました 結婚されるのに苗字が変わるにあたって銀行印と認印を作成されました お若い方の幸福な姿はこちらまで嬉しい気持ちになりました^^ 気持ちを込めて一生懸命彫刻したいと思います 新しい出会いに感謝します🙏

30年前にお世話になった奥様が娘さん方の印鑑作成されました

30年前のご結婚の際に生前中の父親がお世話になったお客様がご実家の一宮市に帰られた時に来店されました 車で1時間以上かかる場所から来られて、今日は必ず寄らないとと思って頂けてたようで本当に嬉しい気持ちになりました 30年前の事でもしっかり記憶して見えていて、同じような形で長女さんと次女さんの実印と銀行印を作って頂けました^^ やはり前回の事がとても印象的に思ってもらえて、父親に心から感謝です🤲

留言


bottom of page