top of page
  • jinossa1151970

三文判について

こんにちは^^



今日はよく聞く「三文判」について簡単に触れたいと思います(^-^)



一文銭とは江戸時代の通貨で貨幣価値の一番低いお金な事を言います



安価な額で価値の低い物、安い物に対して「三文」がつけられました



印章に昔は既製品などはなく、すべて受注後に作られていましたが機械化され大量生産された出来合いのはんこは安価で粗末な物であることから「三文判」と呼ぶようになりました



三文判(既製品)だからと言って、場合によっては実印と変らない効力を発揮しますので注意が必要と言われています



よく生前中に師匠の父親が言っておりましたが、三文判(既製品)が出来てから印鑑屋も変わったと言っていました



同じ物が世の中に出回るまでは前述した様に、その度に彫刻し納めておりました



ですから「唯一無二」の印鑑しかなかったのが、大量生産により同形の物が存在し「印鑑の信用」が減ってしまった気がします



ですから今のデジタル社会でも大事な場面では必ず必要な「印鑑」の大事さを後世に伝えて

、日本の伝統文化を微力ながら守っていければなあ思っています😊

最新記事

すべて表示

気心知れた銀行さんと色々会話

定期的に見える銀行さんとまあまあ長く会話しました 同じ営業の立場として同じ事を伝えるにしても、順番を間違えると全く違う意味になるなどお互いずっと意識してきた事を会話できてとても充実した時間でした^^ 父親も良く言ってましたが、一生勉強だなあとつくづく最近思います 自分の信じた道を時代に合う事は貫いて、合わない事は臨機応変に対応していきたいと感じています 皆さんに喜んで頂ける事を第一に考えてこれから

海外の方の認印納品

急ぎの認印を納品しました 日本人だけの「印鑑」と思われがちですが、外国の方も日本に見えるとちょこちょこ作りに見えます 日本の「伝統」と「文化」の部分で興味を持って頂ければ幸いです^ - ^ また色々な方との出会いを楽しみに毎日精進したいと思います😊

お孫さんの実印作りに見えました

お祖母様がお孫さんの印鑑を就職祝いに作成されに見えました 最初はとても恐縮して見えて「そんなに高いものは作れないから」と言って見えました 「押し売りしませんし納得して頂ければで良いですよ」とお伝えしたら少し落ち着いてもらえました 色々とご家族の生年月日と名前をお聞きして御説明したら徐々に距離が縮まり、最後は「お願いしたいです」とお任せ願えた時はこの上ない喜びでした 皆さんやはり最初は不安が大きく心

bottom of page