top of page
  • jinossa1151970

印鑑登録の流れ

住民登録をしている市町村役場やその出張所に、登録する印鑑を持参し、備え付けの申請書に必要事項を記載した上で、窓口に提出します。

申請が済むと『印鑑登録証』というカードが交付されます。

このカードさえ持参すれば、わざわざ実印を持参しなくても、印鑑証明書を発行してもらえるので、安全且つ便利なカードです。

また、この印鑑登録証を持参すれば、代理人であっても委任状なしに印鑑証明書を発行してもらえます。ただしその場合、登録者の住所、氏名、生年月日が必要となります。したがって、印鑑登録証のカードは住所や氏名、生年月日がわかるもの(保険証や免許証)などと一緒に保管しないようにしましょう。

この様に「実印」の登録は住所が変わらない限り、登録し直すことはないので「記念の日」になります。気にされる方は日柄の良い日にされる事が多いです。

また加えたいのが平日のお休みがない方は、市町村によって週末のどこかで出来る事がありますので、市役所にお問い合わせ下さい。

唯一無二の印鑑(自分の分身)になるものですので、素晴らしい日になると良いですね😊


最新記事

すべて表示

長女さんの印鑑相談しに見えました

お電話頂いてお母様が来店されました 長女の方が就職が決まって大事な印鑑を作成されたいとか事でした^^ ご家族全員のお話をしてそれぞれの役割や特徴もお伝えしてとても楽しい時間を過ごさせてもらいました 一度旦那様と相談されるとの事で帰られました 最後に分かったのですが、ちょっとしたご縁が繋がっていて世間は狭いなあと感じました^^

結婚で銀行印と認印作成されました

隣の県からわざわざご夫婦で来店されました 近所まで少し行って来ましたら、お店の前に自動車が停まっていて慌ててお声を掛けにに行きました 結婚されるのに苗字が変わるにあたって銀行印と認印を作成されました お若い方の幸福な姿はこちらまで嬉しい気持ちになりました^^ 気持ちを込めて一生懸命彫刻したいと思います 新しい出会いに感謝します🙏

30年前にお世話になった奥様が娘さん方の印鑑作成されました

30年前のご結婚の際に生前中の父親がお世話になったお客様がご実家の一宮市に帰られた時に来店されました 車で1時間以上かかる場所から来られて、今日は必ず寄らないとと思って頂けてたようで本当に嬉しい気持ちになりました 30年前の事でもしっかり記憶して見えていて、同じような形で長女さんと次女さんの実印と銀行印を作って頂けました^^ やはり前回の事がとても印象的に思ってもらえて、父親に心から感謝です🤲

Comments


bottom of page