top of page
  • jinossa1151970

実印の必要な時

実印はどんな時必要か、実印を使用する場合は大変重要な書類に捺印する機会が多いです。

  • 公正証書(契約書・金銭消費賃貸証書・遺言状・ 金銭債務の証拠書類)などの作成時

  • 遺産相続

  • 保険金や補償金を受取るとき。

  • 不動産の取引(土地・建物などの売買や抵当権設定)など

  • 自動車や電話の取引

  • 官公庁での諸手続き(恩給や供託)など

他に仮契約でも実印を求められる場合があります。どれも財産を守る為の重要な印鑑となります。

最新記事

すべて表示

銀行印と認印を作られました

本日お休みの日に新しい職場の準備で銀行印と認印を新調されました 色々ご家族のお話もさせてもらって、喜んで会話して頂けたので本当に良かったです^^ 皆さん新しい職場に移る時は緊張感もあられると思うので、自営業の自分には経験できない不安な気持ちだと思います ネットで検索されて来店されたとお聞きしましたので、今の時代デジタルな出会いを頂けるのは心から感謝の気持ちで一杯です 是非喜んで頂けるか印鑑を彫刻し

象牙屋さん追加の材料持って来てくれました

先日サイズの言い間違え?かと思ってますが、追加で注文しておいたのを持って来てもらいました 今は送料も高くなっているので、ついでがあったら持って来てもらう方が良いですよね^_^ いつも素朴な人柄が安心して頼むことができる業者さんです また注文できる様に頑張って行きたいと思います💪

銀行印2本と認印を納品致しました

ご結婚で苗字が変わられるとのことで隣の県からお二人で来店されました 本日はその納品でしたがとても気の回る女性で商売をしている自分にも大変参考になる方でした 印鑑の方も喜んで下さり一生懸命彫刻して本当に良かったです また新しいご縁に感謝です🙇

Comentarios


bottom of page